奄美海洋生物研究会(奄美大島ウミガメ情報ネットワーク事務局)


by a-mos

画像一覧

カテゴリ

全体
告知
全島調査結果2012
活動報告
メンバー情報
共同調査
奄美ウミガメ速報
研究会調査
ウミガメ資料
新聞掲載記事
ウミガメ情報
ウミガメミーティング
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

ウミガメ関連サイト

外部リンク

最新の記事

8/12 ウミガメミーティン..
at 2017-08-06 10:54
5/13 ウミガメミーティン..
at 2017-05-13 07:39
6月10日&11日 ウミガメ..
at 2016-06-10 10:44
5/14 奄美大島ウミガメミ..
at 2016-05-15 23:32
8/29 ウミガメ情報交換会
at 2015-08-27 14:50

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

7/16 海の日ウミガメ産卵観察会

a0277075_17274172.jpg
a0277075_1728960.jpg
どれんキャンプ場において奄美海洋生物研究会主催の海の日産卵観察会を開催しました。ウミガメ生態&観察方法レクチャー後、渡連海岸でアカウミガメの産卵調査&観察会を行ないました。観察会終了後、ウミガメ談義は深夜まで続きました。

ハブに注意するため産卵浜までのアクセス時にはライトを点灯可、産卵浜ではライトを消し、危険個所(ビーチロック干出地点や漂着物堆積地点、河川周辺)での安全確認やウミガメ観察時には、赤色ライトを使用すること等が検討されました。(赤色ライトは、お手持ちのライトに百均等で販売されている赤色セロファンや赤色下敷きを貼付ける事で自作可能です。光量が強いライトは2〜3枚重ねて使用して下さい)依然として白色ライトを点灯しながら浜を歩きウミガメを探す方々もみられました。観察者が安全に観察でき、ウミガメが安心して産卵できる環境作りにも取り組みたいと思います。
(奄美海洋生物研究会 おき)
[PR]
by A-MOS | 2012-07-17 17:28 | 活動報告