奄美海洋生物研究会(奄美大島ウミガメ情報ネットワーク事務局)


by a-mos

画像一覧

カテゴリ

全体
告知
全島調査結果2012
活動報告
メンバー情報
共同調査
奄美ウミガメ速報
研究会調査
ウミガメ資料
新聞掲載記事
ウミガメ情報
ウミガメミーティング
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

ウミガメ関連サイト

外部リンク

最新の記事

8/12 ウミガメミーティン..
at 2017-08-06 10:54
5/13 ウミガメミーティン..
at 2017-05-13 07:39
6月10日&11日 ウミガメ..
at 2016-06-10 10:44
5/14 奄美大島ウミガメミ..
at 2016-05-15 23:32
8/29 ウミガメ情報交換会
at 2015-08-27 14:50

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

5/18 喜界島ウミガメミーティング

a0010095_11235886.jpg
a0010095_1124319.jpg
a0010095_11244442.jpg
a0010095_1125472.jpg
a0010095_11252795.png
多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

ミーティングでは、長年、喜界島でウミガメ調査をされている濱川孝久さんから産卵浜ごとの調査報告がありました。喜界島では、自然海浜より人工浜の方が上陸産卵が多く、昔の航空写真と浜の状況の比較検討を行ないました。人工浜でも孵化率も高く、新たな産卵浜として期待されています。

塩道長浜公園では、塩道長浜節で唄われているかつての塩道長浜を昔の航空写真で確認しました。人工浜でありながら喜界島で一番多く上陸産卵がある小野津海水浴場では、産卵地点が集中しているため、柵を用いて産卵巣を保護し、自然孵化脱出の子ガメ観察会も実施されていました。

濱川さんを中心にウミガメ情報が集められて、島全体で希少な産卵浜の保全に向けた取り組みが始まっています。参加された地域住民の方から、花良治やスギラビーチでの上陸産卵の情報提供もありました。

また、漁港でのウミガメ観察をされているきかいじまダイアリーのしんこさんから、アオウミガメ交尾観察例の報告もあり、研究会から写真による頭部鱗板配列からの個体識別についても紹介させて頂きました。喜界島でもアオウミガメの未成体が多くみられ、観光資源としても活用が期待されます。ウミガメ生態解説では、産卵観察は子ガメ観察時の注意点や赤色ライトの紹介を行ないました。

皆様のご協力により、今後のウミガメや産卵浜の保全や活用に繋がる有意義なミーティングとなりました。来年もぜひ開催しましょう!



a0010095_11261949.jpg
自然海浜の池治海水浴場。砂中にサンゴ石が多く混ざり上陸するものの産卵が少ない浜。昨年は公園内の芝生広場に上陸しピットを掘っていたとのこと。(調査をされている藤崎さん、浜川さん)
a0010095_112635100.jpg
喜界島で一番上陸産卵が多い小野津海水浴場。浜の長さ30mほどで、産卵は5m四方の範囲に集中している。
a0010095_11264820.jpg
自然海浜の志戸桶海水浴場、数年おきに上陸産卵がみられる。
a0010095_1127131.jpg
塩道長浜公園の人工浜。一昨年から上陸産卵がみられるようになった。
[PR]
by a-mos | 2013-05-18 23:59 | ウミガメミーティング