奄美海洋生物研究会(奄美大島ウミガメ情報ネットワーク事務局)


by a-mos

画像一覧

カテゴリ

全体
告知
全島調査結果2012
活動報告
メンバー情報
共同調査
奄美ウミガメ速報
研究会調査
ウミガメ資料
新聞掲載記事
ウミガメ情報
ウミガメミーティング
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

ウミガメ関連サイト

外部リンク

最新の記事

6月10日&11日 ウミガメ..
at 2016-06-10 10:44
5/14 奄美大島ウミガメミ..
at 2016-05-15 23:32
8/29 ウミガメ情報交換会
at 2015-08-27 14:50
8/22(土) 国直ウミガメ..
at 2015-08-20 16:24
6/20 ウミガメミーティン..
at 2015-06-22 20:49

検索

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6/20 ウミガメミーティングin土盛

a0010095_20224283.jpg
a0010095_20442979.jpg
a0010095_20471170.jpg
集落の皆様のご協力により念願の土盛ミーティングを開催しました。日本ウミガメ協議会の石原孝研究員の講話「ウミガメ回遊の不思議〜どこで何を食べどう育つ〜」では、日本で産卵するウミガメ類の基本生態から、アカウミガメの過去の衛星追跡調査結果を交え、今年取り組んでいる衛星追跡調査により、奄美以南のアカウミガメ産卵個体の生態解明が期待されるというお話もありました。ウミガメ保護監視員の野崎清志さんからは笠利半島の上陸産卵回数の年変化報告や早朝のウミガメ調査で撮影された生態写真解説があり、現時点で今年の上陸産卵回数が例年よりかなり少ないとの報告もありました。
後半の土盛海岸観察では、残念ながらウミガメの上陸はありませんでしたが、ウミガメの産卵痕跡の観察を通して、ウミガメ産卵観察の注意点等の解説がありました。隣接する崎原浜ではタイマイの産卵観察記録があり、日本における産卵北限となっています。ウミガメにとっても良質な産卵環境である自然海浜の土盛海岸の魅力を再認識したミーティングとなりました。ぜひ来年も!
[PR]
by a-mos | 2015-06-22 20:49 | ウミガメミーティング

6/20(土)ウミガメミーティングin土盛 開催のお知らせ

a0010095_12573295.jpg
6月20日土曜日に奄美市笠利町の土盛公民館&土盛海岸でウミガメミーティング(ウミガメ講話&産卵観察会)を開催します。土盛海岸の魅力やウミガメの生態について楽しく学んで頂けたら幸いです。お気軽にご参加下さい。

【ウミガメミーティングin土盛】
開催日時:2015年6月20日(土)午後7時〜午後9時
開催場所:土盛公民館&土盛海岸
講話「ウミガメ回遊の不思議〜どこで何を食べどう育つ?〜」石原孝(須磨海浜水族園)
報告「笠利半島におけるウミガメ上陸産卵調査報告」野崎清志(ウミガメ保護監視委員)
観察会「ウミガメ産卵観察講習会」興克樹(奄美海洋生物研究会)
準備:小型ライト(可能なら発光部に赤色セロファンを被せ輪ゴムで留めて下さい)
参加費無料・事前申し込み不要

[PR]
by a-mos | 2015-06-15 18:54 | 告知

6/13 喜界島ウミガメミーティング

a0010095_18222121.jpg
a0010095_1823095.jpg
a0010095_19415395.jpg
a0010095_19401487.jpg
a0010095_18233498.jpg
a0010095_1824094.jpg
a0010095_18501344.jpg
喜界島ウミガメミーティングを開催しました。ミーティング前には、ウミガメ調査をされている濱川孝久さんと砂浜を回り、上陸産卵状況や砂浜環境を調査しました。今年の喜界島上陸数はまだアカウミガメ2回のみ。今年も全国的に産卵数は少なくなるのかもしれません。昨年唯一産卵が確認された小野津海水浴場では上陸したウミガメが産卵巣を掘り返すためふ化場を設置し卵の移植が行なわれています。脱出後速やかに砂浜へ子ガメを移すため夜間見回りも行なわれているそうです。池治海水浴場や志戸桶海水浴場では昨年の台風で砂の流失や移動がありました。砂浜は少し掘るとすぐにサンゴ礫があり、上陸するものの産卵できないケースが多いようです。養浜している人口浜の方が産卵率が高いことが喜界島の特徴となっています。上陸産卵数は少ないのですが、濱川さんを中心に調査体制が整いつつあり、ウミガメ産卵環境の保全が進められています。
[PR]
by a-mos | 2015-06-15 18:51 | ウミガメミーティング

6/13(土)喜界島ウミガメミーティング開催

a0010095_14393285.jpg
2年振りに喜界島でウミガメミーティングを開催します。喜界島のウミガメ上陸産卵調査結果報告やザトウクジラ、ミナミバンドウイルカについてもお話しします。お誘い合わせの上お気軽にご参加下さい!

【喜界島ウミガメミーティング2015】
開催日時:2015年6月13日(土)18:00-19:00
開催場所:喜界町役場コニュニティホール
「奄美群島のウミガメとクジラ・イルカ」興克樹(奄美海洋生物研究会)
「喜界島におけるウミガメ上陸・産卵調査結果」濱川孝久(日本ウミガメ協議会会員)
参加費無料・事前申し込み不要

[PR]
by a-mos | 2015-06-09 15:10 | 告知