奄美海洋生物研究会(奄美大島ウミガメ情報ネットワーク事務局)


by a-mos

画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
告知
全島調査結果2012
活動報告
メンバー情報
共同調査
奄美ウミガメ速報
研究会調査
ウミガメ資料
新聞掲載記事
ウミガメ情報
ウミガメミーティング
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2017年 08月
2017年 05月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

ウミガメ関連サイト

外部リンク

最新の記事

8/18 国直ウミガメミーテ..
at 2018-08-12 11:14
7/1 本日ウミガメミーティ..
at 2018-07-01 09:51
5/3 ウミガメミーティング開催
at 2018-04-29 15:57
8/12 ウミガメミーティン..
at 2017-08-06 10:54
5/13 ウミガメミーティン..
at 2017-05-13 07:39

検索

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

8/10 国直ウミガメミーティング開催のお知らせ

a0010095_17513747.jpg
第10回(通算)奄美大島ウミガメミーティング開催のお知らせ
奄美海洋生物研究会 会長 興 克樹   

 子ガメのふ化脱出がピークを迎える季節となりました。皆様のご協力により、本年度も奄美大島全域におけるウミガメ上陸・産卵調査を進めております。つきましては、広くウミガメに対する理解を深めて頂き、地域資源としてウミガメおよび産卵浜の保全と活用を図るため、小学生から一般の方々を対象に、ウミガメミーティングを開催します。

 今回の開催地である大和村国直集落では、長年地域住民の方々によるウミガメ保全が行なわれており、昨年から街灯の影響により迷走する子ガメ対策として、海沿いの通り(通称スモモロード)の街灯に赤色カバーを装着する取り組みが行なわれています。また、大和村ヒエン浜や石川海岸では、リュウキュウイノシシによるウミガメ卵の食害被害も発生しており、今年初めて食害が確認された宇検村や加計呂麻島など、他地域も含め、食害状況把握調査の中間報告も行ないます。(リュウキュウイノシシの試食会も行ないます。)

 夏休みこどもウミガメ講座の後は、集落前の国直海岸において、自然ふ化脱出の子ガメの観察会も予定しております。
 ウミガメに興味のある方、子ガメを観察したい方、お気軽にご参加下さい。

「第10回奄美大島ウミガメミーティング」〜シシを食べながらシシ食害を考える〜
日時 平成25年8月10日(土)午後7時〜9時
場所 大和村国直公民館
内容 1.ウミガメトークショー
    ・「大和村ウミガメ上陸・産卵調査中間報告」
    ・「リュウキュウイノシシによるウミガメ卵食害状況把握調査中間報告」
    ・「夏休みこどもウミガメ講座」
   2.自然ふ化脱出子ガメ観察会
主催 奄美海洋生物研究会
参加費 無料  事前申込 不要    
準備等 小型ライト・虫除け・飲物等

(開催趣旨)
 属島を含む奄美大島には大小の産卵浜が散在し、陸路の無い浜も多く、全域での上陸産卵状況を把握する為には、関係機関や地域住民が連携し、調査を実施する必要がある。そのため、相互の連携を強化し、情報の集積や共有を行なうため、産卵浜を有する地域においてウミガメミーティングを開催する。本年度は喜界島、徳之島でもミーティングを開催し、群島全域での調査の拡充を図っている。2013年10月には奄美市において「奄美群島ウミガメ会議」を開催予定。
(お問い合わせ)奄美海洋生物研究会 担当:興(おき)090-8914-9801
[PR]
by a-mos | 2013-08-02 21:49 | 告知